医療保険を選ぶポイント

医療保険の選び方

医療保険を選ぶポイント

最近、医療保険や医療特約のCMを見かけるようになりました。
健康なときはそれほど目に留まりませんが、健康なときだからこそ加入しておくべきです。
終身保険や養老保険などの生命保険よりも、万が一の入院や怪我に備えたいという人が増えていることから、医療保険も多様化しています。
数多くある保険の中でどの医療保険がいいのか選ぶポイントはあるのでしょうか。

まずは、保障される日数・期間です。
保険とは、「予測できない未来のために」備えるものです。
今の時点で入院や手術をするかどうかはわからないし、どのくらいの期間入院するかどうかもわかりません。
しかし、もし重い病気にかかってしまうと入院は長引きます。
その間仕事も出来ないので、収入も減ってしまいます。
そのときに貯金があれば良いかもしれませんが、なくても保険に入っていればそこから保障されます。
医療費を確保して治療に専念できる環境を整えることが大切なのです。
入院何日目から対象で、最高何日まで保障してくれるのか。
また、支払いに限度額や免責などはあるのかは加入前に必ず確認しましょう。

入院日額も大切なポイントです。
入院費用だけをまかないたいのであればそれほど高額の保障に加入しなくても良いかもしれません。
しかし、もし入院したときに個室に入りたいのであれば更なる準備が必要です。

保険に加入するということは、保険料を支払うということです。
保険料の負担が大きすぎないかどうかも大切な観点です。

高額医療費までカバーできるかどうかも必要です。
高額医療費とは、公的医療保険の制度です。
支払った総額が一定額を超えた場合に、越えた部分を支給するという制度です。
その超えた部分まで自分の加入した保険でカバーできるかどうか、それにみあった金額かどうかもポイントです。

保障範囲も気になるポイントです。
全ての疾病が保障なのか、それとも癌などの特定疾患にかかった場合一時金が支払われるかもおさえましょう。

保険選びで迷ったら保険無料相談で相談してみるのもいいでしょう。
最近では無料で相談できる保険のビュッフェで選べるギフトが貰えるサイトなどもありますのでそういったサイトから自分にピッタリな保険相談サービスを選んでみるのも手ですよ!