医療保険の特徴

医療保険の選び方

医療保険の特徴

医療保険とは名前の通り、自分が入院や手術、通院をしたときの保障です。
従来の保険は死亡や満期がある「生命保険」がメインでした。
死亡したときに死亡保険金が支払われ、満期を迎えたら満期保険金が支払われる。
一部の養老保険や終身保険では一定の期間を経過する度に生存保険金が受け取ることができる。
被保険者が所定の身体状態になってしまったときに、それ以降の保険料が払込免除になる。
人生の節目や万が一のときに必要となる資金の手助けが主流だったのです。
そのため、医療の部分についてはあくまでも「特約」としてセット売りされていました。

ほとんどの会社が特約として販売していたのですが、時代の流れにより医療に対する保障だけほしいという声が高まりました。
その結果、「特約」ではなく「医療保険」として単体で販売されるようになったのです。
医療のための保険として販売されるようになると、需要はどんどん高まり現在では生命保険と同じ位の加入率となっています。

今までは生命保険に加入しなければ医療の保障を得ることは出来ませんでしたが、医療部分の保険料のみ支払えばいいため余分な保険料を支払わなくてもすみます。
長期の入院に備えたい、はば広い疾病をカバーしてほしい、個室ベッド代のために入院給付金がほしいなど確実に自分がほしい保障内容だけを手に入れることが出来るのです。
入院保障期間や日額なども自分で選ぶことが出来るのです。

この保険には、保障が一生涯の終身タイプと期間が決まっている有期型があります。
自分の収入や家族構成にあわせて選ぶことが可能なのです。
最近ではさらに多様化して、女性特有の疾病に対する保険やガン保険など様々な保障が販売されています。
また、医療保険を主契約として特約をつけることも出来ます。
特約をつけることで自分に足りない部分を補うことができ、自分だけの保険をカスタマイズすることが出来るのです。
健康のお守りとして加入してみてはいかがですか。