定期医療保険の特徴

医療保険の選び方

定期医療保険の特徴

医療保険は保障期間が異なる有期型と終身型の2つのタイプがあります。
ここでは有期型の定期医療保険について説明します。

定期タイプは大きく2種類に分けることが出来ます。
1つ目は「歳満了」タイプです。
60歳まで、70歳までと自分で期間を選ぶことが出来ます。
期間中保険料が上がることはありません。
もう1つは、「年満了」です。
1年や10年、20年などあらかじめ保障期間が決められています。
満了期間が来ると更新することが出来ます。
一番最初に契約した年数でしか更新することが出来ない場合が多く、更新時には月々支払う保険料が変わる可能性があります。
保険は健康状態によって加入できない場合もあります。
しかし定期医療保険の年満了タイプは自動更新なので、更新を選択しない限り健康状態に関わらず更新することが出来ます。
歳満了・年満了のいずれも終身タイプに比べて保険料は割安です。

有期タイプと終身タイプ、どちらが良いのでしょうか。
その人のライフスタイルや収入、働き方や家族構成によってどちらが良いか変わってきます。
定期タイプは働き盛りの一定期間だけ医療保険を手厚くしたいという人にとってはとても良い保険でしょう。
お金が溜まるまでの期間にシンプルな保障がほしいという人にとっても、保険料が安い定期医療保険は負担が少なくてすみます。
若くてまだ独身の人は、残された遺族に対する保障よりも医療保障を優先する傾向があります。
生命保険が付加されているとその分保険料も高くなりますが、定期タイプであれば保険料も割安なので、20代の人も気軽に加入することが出来ます。

終身タイプであれば途中で保険をやめるときは解約という方法しかありません。
しかし、定期タイプはあらかじめ期間が決まっているので、満了時に見直しをすることが出来ます。
今の保障内容で問題なければ更新することが出来るし、そのときに別のニーズがあるのであれば再度検討しなおすことも可能なのです。