病気持ちでも医療保険に加入できる?

医療保険の選び方

病気持ちでも医療保険に加入できる?

今までは健康な人が健康なうちに医療保険に加入し、万が一のときに備えていました。
しかし最近では病気持ちの人や入院・手術をしてしまった人に対する医療保険も販売されています。
いわゆる引受緩和型といわれる保険のことですが、いくつかの種類があります。

まず、無選択型の保険というものがあります。
こちらは告知の必要がないので多くの人が加入できます。
告知緩和型というものもあります。
「医師から治療や入院をすすめられていないか」「過去3年以内に入院や手術がないか」「過去5年以内にガンや脳卒中、心筋梗塞と診断されていないか」などいくつかの告知が必要です。
それ以外にも部位不担保というものがあります。
持病がある特定の部位は保障の対象外ですが、それ以外の部位については保障してくれます。
保険料割増方法は他の保険に比べて割高ですが保障を得ることが出来ます。

普通の保険に加入できない病気持ちの人は無選択型の保険を選んでいたのですが、告知がない分保障が少ない、期間が短い、保険料が高いといわれてきました。
そのため、一定の基準を満たせば加入できる引受基準緩和型の保険が登場したのです。
無選択型は既往症は保障の対象外ですが、引受緩和型の保険では既往症の再発や悪化も保障の対象です。
気をつけたいポイントとして、加入してから一定期間は保険金が支払われなかったり減額されてしまうということです。

会社によって引受基準や保障内容が大きく異なるので、出来る限り複数の会社や保険を検討したほうが良いでしょう。
A社では加入できないが、B社では無選択型で加入できた。
一方C社では条件付で引受緩和型の保険に加入できたということもあります。
持病がある方の医療保険は幅広い内容になっているので、一人で加入しようと思うと難しいかもしれません。
多くがインターネットで販売されているので、調べてみたり保険のプロに聞いてみると思わぬ良い保険が見つかるかもしれませんよ。