医療保険の種類

医療保険の選び方

医療保険の種類

医療保険は見方によって様々な種類があります。
保障期間が10年、20年、終身と様々なタイプがあります。
保険料支払期間があらかじめ決まっているものや、終身にわたって支払うものもあります。
入院給付金の支払期間も多くの種類があります。
60日や120日、長いものでは3年というものもあります。
もちろん保障期間が長ければ長いほど保険料は高くなりつつあります。

通常の保険は幅広い疾病に対して保障されます。
最近は女性の特有の疾患に強い保険が販売されています。
一般の医療保険に加入するよりも乳がんや子宮筋腫に対して手厚い保障になりますし、妊娠や出産にかかる入院も保障に含まれて射ます。
そのほかにも男性も女性も加入できるガン保険があります。
日本人の死因としても多いガンに対して備えることができるので、治療に専念することが可能です。

医療保険は単体で契約するだけではなく、特約を付加することができます。
主な特約として人気なのは、先進医療に対する保障です。
医療は進歩し続けていて、日々新しくなりつつあります。
先進医療はとても高額になるため、安心して保障を受けるために付加する人が増えています。
特定疾患にかかった時に保険料を払込免除にするもの、ガンと診断されたときに一時金を支払う特約もあります。
生活習慣病で入院保険金が上乗せされるものもあります。

長期間入院をすると、その間働くことが出来ません。
場合によっては働くことが出来なくなることもあります。
独身の方でも大変な問題ですが、ご家族がいる人にとって収入源がなくなるというのは大きな問題です。
就業不能になってしまったときの保障もあります。

保険に加入したいけど、健康だったら掛け捨てになるからどうしようと悩んでいる人には健康祝金特約があります。
名前の通り一定期間入院がなければ一時金や祝い金を支払うというものです。
保険をかけているだけではないので、楽しみが生まれます。

加入時には最新の保障でも、日々保障は増え続けてきます。
現在既に加入している人も、保障を見直す良い機会ですよ。