医療保険のメリット

医療保険の選び方

医療保険のメリット

短期間の入院であれば自分で支払うことも出来ますが、もし長期間になると予想外の出費となってしまいます
実際に医療保険に入っていて良かったなという声を聞くことが出来たら、そのメリットを感じることが出来るでしょう。
加入することでどのような良い点があるのでしょうか。

まずは入院や手術保険金が受け取ることが出来ます。
入院保険金は、日額10,000円というように契約内容によってあらかじめ保障金額が決められています。
手術保険金は、1回の手術で10万円と保障金額が決まっているところもあれば、手術の内容により日額10,000円×給付倍率(10倍など)と決まっているものもあります。

先進医療は健康保険の適応外です。
高額になりがちな先進医療をカバーしてくれる入院保障もあります。
身体の負担も少なくてよい治療を受けることのできる先進医療を受けたくても、治療費が払えなくて受けられないなんてこともありません。

長期間入院すると、その後も定期的に通院をしなければいけません。
身体の状態はどうか、再発の可能性はないかをチェックする大切な機会です。
入院しているよりも負担は少ないけれども、何回も通院すると予想外に医療費がかかります。
通院に対する費用が支払われる医療保険もあります。

保険料は支払っているだけではありません。
一定期間入院がない人に対して、一時金や祝い金を支払われる保険も販売されています。
また、1年間に支払った保険料を年末調整や確定申告で申告することで、所得税や住民税が安くなる可能性があります。
加入していても入院するかわからないし、それなら自分で貯金しておいたほうが良いと思っている人もいるかもしれません。
しかしいつ入院するかわからないし、もしかするとそのときに貯金がない場合もあります。
節税効果もあるので、ただ保険料を支払っているというだけではありません。
メリットはたくさんあるので、不足の事態にそなえることをオススメします。