医療保険の必要性について

医療保険の選び方

医療保険の必要性について

医療保険に加入しようかどうか悩んでいる人のほとんどは、「本当に必要なのか?」という点で思いとどまっているのではないでしょうか。
周りが入り始めたから加入したほうがいいのかな…となんとなく考え始めた人もいるかもしれません。

確かに保険に加入せずに自分で貯金するという方法もあるかもしれません。
しかし、意志の強い人は問題ないかもしませんが途中で急にお金が必要になって思うように貯金が出来ないことも考えられます。
自分が思いがけなかった大きな病気にかかって、貯金ではまかなえないほどの医療費がかかってしまうこともあります。
先進医療は他の医療方法より効果的に治療を行うことが出来るのですが、技術料が高く健康保険の適応外です。
治療の内容によりかかる費用は数万円~数百万円です。
全額自己負担となるため、多大な費用がかかってしまいます。
もし先進医療対応の保険に加入していたら給付金を受け取ることが出来ます。
少ない保険料で大きな保障があるため、カバーすることができるのです。

医療保険の必要性を感じている人のほとんどは、保険料のことを心配しているのではないでしょうか。
ほとんどの保険では、健康だったら掛け捨てになる場合があるでしょう。
私たちが支払う保険料は、ただかけているだけではありません。
年末調整のときに会社から控除証明を提出するように言われたことはありませんか。
保険料を支払っていると証明書が発行され、生命保険料控除を受けることが出来るのです。
毎年支払っている税金を軽減することができます。

なによりも保険は病気やケガをしたときの保障です。
保険を使わないでいるということは、健康でいることができたということです。
保険はお守りというように、不測の事態に備えるものです。
せっかく加入するのだから、なんとなく周りが入っているから…ではなく、その必要性をわかっていると良いでしょう。
保険や特約を組み合わせることも出来るので、自分にぴったりな選び方も可能です。