30代で選ぶ医療保険

医療保険の選び方

30代で選ぶ医療保険

30代となると結婚する人も増えてきて、子供が何人か生まれたりマイホームを購入した人も多くなるでしょう。
会社でも責任が増えて、仕事もプライベートも充実する年代といえます。
独身の人も、結婚した人も、子供がいる人も共通して言えることは、いつなにがおこるかわからないということです。
だからこそ何かが起こる前に備えておきたいものです。

女性の場合、20代と同じく出産する方も多いです。
特に35歳以上の出産を高齢出産といい、帝王切開の率が高まったり分娩時の出血が増えてしまう可能性もあります。
20代と比べて入院する人が増えたり、入院期間も長くなります。
また30代ころから女性特有の病気も増えてきます。
子宮筋腫や子宮内膜症も増えてきます。
これらは不妊の原因にもなるという影響があります。
女性特有の疾病が増えてくるので、特化した医療保険に加入する方法もあります。

男性であれば死因の第1位が自殺、2位が癌です。
癌は全ての年代で死亡率が高い病気ですが、若くてまだ進行していないうちに治療を始めると完治しやすくなります。
手厚い医療保険に加入していれば、医療費をカバーすることが出来ます。
金銭的な負担を軽減することも出来るので、治療に専念することも可能です。
完治させてしまえば今後再発する可能性も少なくなります。

また、働き盛りであるがゆえに身体をこわしてしまうこともあります。
まだ30代とはいえこの先なにがあるかわかりません。
健康でいることが一番ですが、思いがけない病気や怪我をする可能性もあります。
一度大きな病気をしてしまうと保険に加入できなかったり、部位不担保や保険料があがってしまう可能性があります。
病気をしてしまい、「若いときに保険に入っておけばよかった」という声も多く聞きます。
保険料は加入時の年齢性別によって変わります。
若いうちに加入すると、保険料も安くなります。
先進医療に対応しているかどうかも重要なチェック項目です。