40代で選ぶ医療保険

医療保険の選び方

40代で選ぶ医療保険

40代になると、就職・結婚・出産など人生の一大イベントの多くを経験してきたのではないでしょうか。
家庭面でも忙しくなるし、仕事では中間管理職となって活躍している人も多いでしょう。
お子さんがいる方にとっては子供の養育費・教育費もこれから必要になります。
既にマイホームを買った方や、マイホーム購入に向けて着々を準備をしている人もいるでしょう。

今までは健康だったのに健康診断ではじめて異常を指摘されたという人も多いです。
健康診断がきっかけではじめて検査入院をしたり、胃カメラを飲んだという人もいます。
周りの方も入院や手術を経験したという人が増えてきます。
自分自身や周りのことをみていると、健康ってやっぱり大切で事前の備えが大切なんだなということを実感できます。
事実、年代別の医療費を見ると40代から増えていることが確認できます。
これ以降も入院する可能性はあるので、今のうちに備えましょう。

40代の医療保険選びは既婚か独身か、ライフスタイルはどうかによって変わってきます。
独身の方であれば、死亡保障よりも医療保障を重視しましょう。
扶養家族がいないのであれば高額すぎる死亡保障は不要ですが、医療保障は必要です。
既婚者であればご家族のこともあるので、色々と保険に加入することは難しいかもしれません。
医療保険に加えてガンに対する保障を厚くすることをオススメします。
働き盛りであるために万が一働くことができなくなると困ります。
小さいお子さんがいる家庭だと今後のことも考えなければいけません。
医療保険の中には就業不能になったときの保障もあるので、是非視野に入れてみてください。

ある程度収入も増えてきた年代でもあるので、将来のことを考えて有期型の保険よりも終身型の保険を視野にいれると良いでしょう。
一度病気や入院をすると条件がついたり保険料が上がってしまうので、健康で貯金があるうちがチャンスです。
保険に加入して仕事や家事に専念できる環境を整えましょう。